About this blog*

2020/03/10 Tue 23:44

Welcome to と ろ っ と * ろ っ た ~ !!

当ブログは管理人いちじくによる、オリジナルイラストメインの
ゆるゆるブログです♪

どうぞごゆっくり おくつろぎくださいませ。




**おしらせ**

2014/03/27
・コメント欄と記事別拍手の一時的停止
・プロフィール更新

当ブログの生態を知りたいかたは追記からどうぞ!


****最新記事はこの下から****
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
おしらせ

制作中

2017/07/17 Mon 14:09

こんな感じで進めてます

makingmugiwara

ふふふ(ΦωΦ)
前髪短めでちょっとアシメでふわふわパーマで鎖骨くらいの長さの女の子に
強烈なあこがれを抱いている気がする(笑)

ずっと追いかけているモチーフといっても過言ではないですね。はい。
たぶんブログ始めたころからずっと描いてる・・・
流行り廃りはあるけれど、こういう雰囲気のひとはいつでも素敵だと思う。

あと、最近のちょっと大振りな耳ものブームのおかげで、
ピアスとかイヤリングとか縁がなかった私のもとにも、
かわいい後輩ちゃんのおかげでブームが来てくれて。
つけやすい素材のイヤリング(クリップ状になってる)とか多くて有難い!
小さくて寝ている福耳でイヤリングつけようと思ったことなかったんですが
これならいけそう(ヨッシャ)となるデザインがいっぱいあるのでけっこう楽しんでます。


そうなんです、T田さんのおっしゃる通り、私マウス歴長いので、別に全然苦じゃなくて
習慣とかこだわりなんて案外さくっと気持ちの問題なのかもと思いました(笑)。
(唐突に私信)

前回のちょっと色違いも載せさせていただきますね!

201707022233464a3.jpg 


日記

好きな組み合わせ

2017/07/02 Sun 22:41



久しぶりに投稿してみます!笑

ペンタブがないので初心に帰って、ノートにボールペンで落書きしてみた

→スマホで撮影

→もしかしてコレに色塗ったらいいんちゃう

→データ転送

→久しぶりにペイントソフトを起動させようとするが、ファイルの場所がわからず苦戦

→よかった、乗算とかちゃんと覚えてた

→やっぱり好きな色は変わってない

イラストにっき
ペンタブのペンが行方不明です(´;ω;`)
筆箱のなかも 引き出しの隅っこも 洗面台も見たけどありません・・・

最近ぜんぜん絵を描いてなかったんですが、職場のポスターを作るのにちょっと描いてみよっかなーと思いたったはいいものの。

「本体はあるのにペンがない」(どうせ籠のなかに(籠になんでもいれる癖))
「ない」(なんでもいれる籠にない→絶望)
「ない・・・(´;ω;`)」(無理)

バンブーという商品名も、もはや過去のものであるということを
悲しいかな、失くして初めて知りました。笑

ペンだけ買いたくてアマぞんさんで調べてみても、互換性がよくわからない。
そして、まあまあ高い。
なくしたアタイが悪いのね・・・そうよね・・・(誰)

***********

最近、少しだけお酒が飲めるようになった。
前はどんな飲み会でも「飲めない」「飲まない」「車で来たから」を通していたのだが
なにかの飲み会で少々口にしたところ、けっこう美味しかったのと
多少飲んだとしても意外に自我を保てることがわかったのと
何より、誰かが自分をさらけ出す行為をしたとしても、
わたしだって少なからず受け入れているということに気が付いたのが大きい。

「私はあなたがたを受け入れられるけど、あなたがたは私を受け入れられないでしょ?」
みたいな
「あなたはわたしを受け止めるだけの広さを持ってない、だから安心して着地できない
 ここから飛び降りることはできない」
みたいな
「あなたは恥ずかしいことが平気でできるけど、わたしにはできない」
みたいな

遠慮のようで遠慮でない、謙虚なようで謙虚でない
そういう考え方のクセに気が付いた、というか。

IMG_1215.jpg 

(画像は昨年おとずれたヨコハマのおしゃれbar。再訪したい。)

よく考えたら、多少はずかしい思いをしても死なないし(現に生きてるし)
誰かのせいにして一度はあきらめても、自分の好奇心を完全に止めることは無理だし
ちゃんとじぶんのせいにしたい。
いま、わたしが伝えたいことは、いまのわたししか知らないことなので
今の私がやらなかったら他の誰もやらない

大丈夫、別に、そんなに自分を守らなくても
多少のことは大丈夫。

という、不思議な勇気が湧いてきたんですかね。

ずっと日の目を見ない感情があって、ふたをして生きてきましたけど
ふたを取ったら取ったでいろんな事件が起こってあたふたしましたけど
湯でこぼしまくりでいい感じに灰汁がぬけて
すがすがしい気分で、ゆかいな仲間と、うまい酒や料理をたのしむ
というのが、なんとも気持ちのよいもので
「りあ充ばくはつしろヽ(`Д´)ノ」と目の敵にしていた類への敵意もすっかり牙を抜かれ
とげとげしたものが少しずつ消えていったような。

ほかの方からすれば、まったく普通のことでも
わたしからすれば、この気持ちの変化は本当にすごいすごいことなんです。
ピーマンだいっきらいな人がピーマン農家に嫁ぐみたいなすごいことです。

インタビューで嫁さんが「他のピーマンは今でもだめだけど、ここのピーマン初めて食べたときに、これなら一生食べれる!って思ったのよね」って言ってる感じなんです(?)。
ピーマンなんて口にしようとも思わなかった人が
食べた結果、これなら美味しい。という結論を出し
しかも、検証のために、ほかのピーマンも口にしてみて、やっぱり美味しくないと確かめ
ピーマン農家なのにピーマン嫌いってことを隠さずに言っちゃえる
でも、うちのピーマンだけは食べれるんですよ!美味しいから!という半端ない説得力
だんなさんはきっと、この嫁さんに「うちのピーマンまじ上手いから一回食べてみ!」って言ったはずで、嫁さんは「いや、絶対いらない。食べなくても生きていけるから」って一度は断ってるんです。
それでもだんなさんは、うまいピーマンを食べてほしいから、一生懸命嫁さんに言うんですよ。言わなくてもいいのに。嫌われるリスクもあるんですよ。
でもあんまりにもだんなさんが美味しそうにピーマン食べるから、とうとう嫁さんが口にいれる気になったみたいです。

それが何故、嫁さんとだんなさんが結婚することにつながるのかは、
わたしにはまだ分かりません(設定不十分wwww)
あと、たぶん、ピーマン好きになったからといって別に結婚しなくてもいいと思います(笑)。
きっとそれを超える何かがあったんでしょう。ピーマンはきっかけにすぎない。

よくわからないたとえ話なので、ピーマン嫌いを無理に直す必要はないと思います。ほんとに。
ちなみに私は数年前まで鰻を食べられませんでした。くわずぎらい。今はほんとに大好きです。

食わず嫌いをなおせるような人と出会うと、人生変わるんじゃないでしょうか。
どうやったら出会えるのかはわかりませんが、もしかしたらもう出会ってるかもしれませんね。

(というわけで、わたしはげんきです。)

追記は某T田さまへのメッセージ返信です!

>>続きを読む・・・
日記

らくがき。

2017/01/09 Mon 23:50



らくがき帳にエナージェルで。
逃げ恥のガッキーが可愛すぎて、ショートに大ぶりピアス。



こういうデザインのニット着てる子がいて可愛かった。ニットはボトルネックがかわいい。首の長い人みたいにみえる。



白ニットに濃いキャメルのベロアのキャミソールっぽいやつを合わせるの流行ってそう。
日記
 | HOME | Next »